Welcome to our website!
PC・スマホで簡単ネット予約。24時間受け付け中。空き状況の確認はこちら

※ネット予約は初診のみ受付ています。再診の予約はお電話にてご連絡ください。
※ネット予約の変更キャンセルは前日17時までの受付です。17時以降は電話にてご連絡ください。

e-max

e-max e-maxは、最も新しい世界最先端の進化したセラミック材料です。その優れた比類なき特性と柔軟性を持ち合わせているため先進国で高く評価されており、高い生体親和性、審美性を提供します。 e-maxの主成分は、ご自身の歯と同じような硬さのため強い力がかかったときに、自分の歯を痛めません。 これによってあなた自身の歯の寿命を延ばすことができます。また、歯と分子レベルで強固に接着するため、治した部分が再度虫歯になりにくいのも特徴です。

当院では、40,000円〜ご提供しております。

症例

オールセラミックは、被せ物や差し歯の素材が全てセラミック材料(陶器材料)で出来ている物を使用する審美歯科治療です。 金属類を使用するメタルボンドと違って、全て光を透すセラミック材料(陶器材料)で出来ている為、天然の歯に近い透明感ある仕上がりになり、見た目の気になる前歯に適しています。また金属類を使用しないので、体に金属アレルギーをお持ちの方でも治療を行うことができます。 オールセラミック治療の通院回数は症状によって異なりますが、当医院では2回~になります。

こんな方にオススメ

  • 体に金属アレルギーをお持ちの方
  • 短期間に歯並び、歯の大きさ、歯の形を治したい方
  • 以前の治療できた金属が見えることが気になる方
  • 歯の神経をとってしまって、歯が黒ずんできた方

オールセラミックスのメリットデメリット

メリット
  • 天然の歯に近い透明感で、自然の仕上がりになる
  • 好みの白さに調整ができて、着色汚れがつきにくい
  • とても優しい素材で、体への金属アレルギーの心配がない
  • 金属類によってできる歯の根元や歯ぐきへの変色がない
デメリット
  • メタルボンドのような金属類を使用してないため、強い衝撃により欠けたりすることがある

※公的医療保険が適用外の治療となります。

ジルコニア

e-max ジルコニアクラウンは、メタルボンドの内面の金属の代わりにジルコニアを使用したものです。ジルコニアは人工ダイヤの素材として知られ、スペースシャトルの断熱保護剤、人工股関節の一部分など工業から医療まで様々な用途があり、高い強度、優れた耐久性、耐腐食性、生体親和性、安全性などが実証されている材料です。審美的には土台の金属(コア)の色が透けるのを防ぐ「マスキング効果」が優れているため、ケースによってはオールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。

当院では、50,000円〜ご提供しております。

症例

ジルコニアセラミックスは、デンツプライ三金が2005年に国内で初めて厚生労働省の許認可を取得した歯科治療素材です。 主原料である酸化ジルコニアはその驚くべき強度が注目され、産業界ではスペースシャトルの耐熱タイルやF1のブレーキシステムの部品に採用されてきました。 また、人体に対する安全性(生体親和性)もこの素材の特長で、整形外科の分野では人工関節の材料として活用されています。メタル素材を使った歯科治療と比較すると、「金属アレルギーのリスクがない」「天然の歯に近い美しさ」以外に、表面が滑らかで汚れにくく細菌の付着が少ない点も大きなメリットといえるでしょう。

ジルコニアセラミックスのメリット

メリット
  • 金属アレルギーのリスクを解消します。ジルコニアセラミックスなら、歯の治療に全く金属を使用しないので、金属アレルギーにかかる危険がなくなります。
  • 自然の歯に近い美しさが得られます。光の透過性に優れたジルコニアセラミックスは、治療した歯の透明感のある美しさを実現。将来的にも、金属イオンの溶出による歯茎に変色などの心配がありません。
  • 金属と同じくらいの強さと耐久性があります。ジルコニアセラミックスは金属と同レベルの強度をもっていて、長年にわたって十分な耐久性を発揮します。

※公的医療保険が適用外の治療となります。

セラミックインレー

e-max セラミックインレーとは、虫歯治療などで虫歯による浸食部分を削ったあとにセラミックを詰める治療法です。 保険適用範囲の治療であれば、いわゆる「銀歯」を詰めるのが一般的ですが、自然歯に近い色調を持つセラミックを詰めることで、 自然な外観をキープすることができます。また、陶質であるセラミックは金属アレルギーを起こすことがなく、 安心して治療を受けることができるというメリットも持っています。

症例

エステニアは、強度と天然の歯に近い透明感のあるセラミック材料(陶器材料)と、柔軟性のあるレジン材料(合成樹脂材料)を配合させたハイブリッドセラミックスで出来た歯冠修復材料です。 セラミック材料にレジン材料を配合することによって、天然の歯と同じ硬さを再現することができます。噛み合わせで他の歯を傷つけたり磨り減らすことなく、自然な噛み心地になります。また、天然の歯と色が合わせやすいので、笑ったときに見えてしまう、奥歯にある金属の詰め物(銀歯)を、キレイに目立たなくするのに適しています。 エステニア治療の通院回数は、患者様の症状によって異なりますが、当医院では 2回~ になります。

セラミッインレーのメリット・デメリット

メリット
  • 天然の歯を色を合わせやすいので、自然で目立ちません
  • 天然の歯と同じ硬さなので、かみ合わせでの違和感がありません
  • とても優しい素材で、体への金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • すべてセラミック材料(陶器材料)で出来ているオールセラミック治療より、レジン材料を配合しているため、少し強度が劣ります。

※公的医療保険が適用外の治療となります。

メタルボンド

e-max メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。 見た目が良く変色せず、強度も高いので非常によく使用されます。さらに、中の金属に貴金属を使用することで、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることも出来ます。

症例

メタルボンドは、被せ物や差し歯の全体をセラミック材料(陶器材料)で覆い、内側を金属で補強したものを使用する審美歯科治療です。 すべてセラミック素材(陶器材料)でできているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちであり、奥歯やブリッジなどの強度が求められ部分にはオールセラミックよりメタルボンドが適しています。 メタルボンド治療の通院回数は、患者様の症状によって異なりますが、当医院では 2回~ になります。

こんな方にオススメ

  • 短期間に歯並び、歯の大きさ、歯の形を治したい方
  • 以前の治療できた金属が見えるのが気になる方
  • 歯の神経をとってしまって、歯が黒ずんできた方

オールセラミックスのメリットデメリット

メリット
  • 金属を使用するので丈夫で割れにくく、長持ちである
  • セラミックの特徴で、色調を選ぶことができ、変色しにくい
  • 天然の歯に似ているので、見た目がキレイに仕上がる
  • 矯正治療のように時間がかからず、短期間で治療が完了する
  • 内部を強固な金属で補強するのでブリッジや連結冠などに最適
デメリット
  • 色調、見た目はオールセラミックより多少劣ります
  • 使用する金属により、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合や金属アレルギーを引き起こす可能性がある

※公的医療保険が適用外の治療となります。